運営の全てを委託する|不動産投資を行なう際は民泊の代行といった会社に頼もう

不動産投資を行なう際は民泊の代行といった会社に頼もう

男女

運営の全てを委託する

木のブロック

賃貸経営をこれから始めたいと思っているけれど、不動産運用に自信がないという場合などは、サブリースを行なうといいでしょう。賃貸経営は、完全に自分で全ての管理を行ない経営することもできますが、管理業務や経営なども含め外部委託することもできます。中でもサブリースは物件を購入し、それをサブリース会社や不動産会社に一括で借り上げてもらうことで、一定の賃料を得ることができるシステムです。通常の賃貸経営を行なう時は、物件の所有者が入居者との間で賃貸契約を結び、家賃収入を得ながら運用する方法になります。管理を外部に委託しない場合は、入ってくる家賃は全て自分の物になります。サブリースの場合、物件所有者と入居者との間ではなく、サブリース会社と入居者との間で賃貸契約を結ぶことになります。そのため、物件の入居者に関する管理などは一括してサブリース会社に委託することになります。自ら運営する場合の賃料よりも、サブリース会社から得ることのできる賃料は低くなりますが、たとえ物件が空室であっても、一定金額の賃料は家賃保証によって支払われるので、入居者がいないからといって、家賃収入を得られないというリスクは回避できるのです。サブリース会社を利用するには、転賃できる物件が必要となります。一般的なサブリースは、土地活用として利用されることが多いので、空いている土地に賃貸物件を建て運営されることがほとんどになります。一般的には土地活用に利用されていますが、既存物件にも対応可能なサブリース会社も存在しています。